1. HOME
  2. コラムTOP

肌のすばやいリカバリーを可能にする紫外線ケア

肌のすばやいリカバリーを可能にする紫外線ケア

肌の老化をすすめる大きな要因と知りながらも、日常生活を送る中で完全には避けることができない紫外線。

紫外線対策で心がけたいのは、日焼け止めや日傘といった物理的なプロテクトに加えて、たとえ紫外線を浴びてもすばやくリカバリーする肌を育てること。

そんな肌になるために行いたい毎日のケアについて、WELLC代表の東谷とE3Live代表の杉浦千春さんが話し合いました。

E3live杉浦氏WELLC東谷対談風景""

青色が象徴的なフィコシアニンで“火消し”を

東谷:E3Liveの製品は、一部をWELLCでもお取り扱いさせていただいているのですが、とても素晴らしい製品ですよね。私も毎日飲んでいます。

 

クリニックでは治療のためにいろいろなサプリメントを使用するのですが、ブルーマジックが目の疲れと抗炎症に、ブレインオンが脳疲労の緩和対策として、バイオレゾナンスチェックでの結果が飛びぬけて良かったんです。「ぜひ治療で使わせていただきたいし、ショップでもお取り扱いしたい」と杉浦さんにお願いしました。

 紫外線対策としてブルーマジックが大きな力を発揮してくれると聞いていますが、杉浦さんはお肌がまるで小学生のようで、磨いてつくり込んだ美しさというよりは、生命力があるピュアな肌という印象なんですよね。そんな肌になるための、ブルーマジックの取り入れ方を是非教えてください。

ブルーマジック大小""

 杉浦:ブルーマジックはオーガニックのスピルリナからフィコシアニンというフィトケミカルだけを抽出したものです。フィトケミカルとは植物や野菜の色素、辛味、苦味などに含まれる機能性成分のことで、アントシアニン、リコピン、イソフラボンなどもフィトケミカルに含まれます。

 フィコシアニンは抗炎症、抗酸化、鎮静に優れているので、紫外線対策におすすめです。紫外線を浴びることによる皮膚の炎症が、いろいろな肌トラブルを引き起こす引き金になるからです。フィコシアニンは、紫外線を浴びる前のサポート、浴びた後のアフターフォローを同時に行ってくれます。

ブルーマジックパウダーとドリンク""

ご覧の通り、フィコシアニンはきれいな青色をしています。青は鎮静の色と言われてりますが、色から想像するとおり、鎮静作用もあるんです。肌の炎症やそれによる痛みを、つまりバーニングしている状態の火消しをして、鎮静・ヒーリングしていくような効果を期待できます。

 

こまめに飲むことで効果が持続しやすく

紫外線対策としての基本的な飲み方としては、ブルーマジックをティースプーン半分~1杯を11回だけ飲むよりも、1/3ずつ、3回くらいに分けて飲むことをおすすめします。

紫外線を浴びる前に飲むことで火が燃えにくい状態にしておき、紫外線を浴びた後にまた飲むことで、火をすぐに消すというイメージで、朝、紫外線を浴びる前、浴びた後、というように、こまめに飲むのが特におすすめです。

アウトドアの時などは特に、常にブルーマジックを飲みながら楽しむといいと思います。

「今日は紫外線を浴びすぎたな」という時は、皮膚のほてりや赤みがとれるまで、こまめに飲んでみてください。肌を冷やすというよりは、内側から熱をとっていく感じですね。

 

E3live

 東谷:同じ量を飲むとしても、朝に1回飲むだけよりは、外に出る度に飲むのが有効なんですね。私の場合は、携帯用のパウダースティックを500mLのペットボトルに溶かして1日かけて飲んでいます。苦手な方もいらっしゃるようですが、私はブルーマジックの味大好きなんです。

ブルーマジックペットボトル""

杉浦:味が苦手な方は、レモン果汁や天然塩、メープルシロップや蜂蜜などを加えて調整してみてください。ミネラル補給にもなるので、汗をかきやすい時期は特にいいのではないかと思います。

 

東谷:ブルーマジックを飲み始めてからは肌の透明感や疲れにくさを感じます。WELLCのアイテムやWELLCクリニックでの治療など、いろいろなことの相乗効果もあるとは思いますが…。

 

杉浦:フィコシアニンは、肌はもちろん、炎症全般を鎮静させてくれます。身体に炎症があると疲れやすくなるので、ブルーマジックを飲み始めて「疲労感が出にくくなった」という声はお客様からもよくお聞きします。

 

インナーアクティブマイブースターエキス""

 東谷:杉浦さんはノーファンデなだけでなく、日焼け止めもつけてないんですよね?それでその透明感は本当にすごい。ブルーマジックを飲むことで、身体全体の炎症を抑えて、シミやくすみが出にくい肌を育てているんだなと実感しました。

日焼け止めは塗った場所だけは紫外線から肌を守ってくれるのに対して、ブルーマジックは飲むことで全身の日焼け対策になるのが便利ですよね。

 

先日たくさん日を浴びて、赤みやほてりなどの、いわゆる日焼け状態になってしまったことがあったのですが、ブルーマジックとWELLCインナーアクティブマイブースターをこまめに取り入れることで、翌日にはいつもの肌にもどっていたんです。炎症の鎮静はブルーマジックが、修復と保湿はブースターが頑張ってくれたんだなと実感しました。日焼けからこんなに早く肌が回復したのは初めてでした。

 

代謝をうながしながら、内側からの潤いを

 杉浦:インナーアクティブマイブースターは、テクスチャーはさらっとしているのに、潤い力が抜群ですよね。

 

東谷:肌表面に膜を張って潤わせるのではなく、保湿力自体を引き出す処方設計になっています。肌のターンオーバーを高めるための天然のフルーツ酸も配合しているので、朝晩のお手入れ時にメラニンを排出することをサポートします。

先ほど日焼けの話をしましたが、紫外線でダメージを受けてしまった肌に何度もこまめにブースターをつけていたら、フォトフェイシャルなどのレーザー治療でシミを取る時と同じように、しみがだんだん浮いてきてポロっととれていったんです。これには我ながらびっくりしました。

そういえば、友人もシミがとれたよ〜って言ってくれていて、私自身でも同じ現象がおき、肌の再生力、代謝をよくしてるんだと実感しました。

インナーアクティブマイブースターと什器""

杉浦:そんな効果もあるんですね。私はかなりの敏感肌で、オーガニックなど肌への優しさをうたっている製品でも使えないものも多いんです。

でも、インナーアクティブマイブースターは、何の抵抗もなく肌が受け入れてくれて、すーっとなじんでいきますね。いまもう3本目になります。

 普段はノーメイクで、スキンケアもシンプルですが、ブースターを使うようになってから、「肌がきれいだね」と言われる機会が増えました。肌に力がついてきた感じです。

化粧水はアクティブモイスチュアセラムローションを使っていますが、洗顔後はこの2つでOKなのが助かります。コスパがいいですよね。洗顔には、ハイブリッドクレイウォッシュ&マスクを使うこともありますよ。こちらもすっきりとした洗い上がりが気持ちいいです。

 

東谷;クレイウォッシュは、クレイ自体が肌を冷やす作用がありますし、ビタミンC誘導体が入っているので、紫外線を浴びた肌の鎮静にもなります。余分な汚れや角質を取り除きながら、ハトムギエキスなどで保湿も行うアイテムです。

 ローションは2種類あるのですが、紫外線の強い時期にはインテンシブVCローションもおすすめしたいですね。こちらにもビタミンC誘導体が配合されています。

 

肝臓のケアや肝斑のケアにも

 杉浦:フィコシアニンは肝臓のサポートもしてくれるので、肝斑のケアとして使われている方もいます。肝斑は肝臓の疲労とも関係が深いと言われていますが、女性は年齢を重ねると肝臓が疲労しやすいようです。フィコシアニンが胆汁と同じような働きをしてくれるので、肝斑のケアに加えて、油っぽいものお酒を摂り過ぎたときのサポートとしてブルーマジックを活用される方もいます。

 

東谷:先日ブルーマジックをチェイサーにお酒を飲んだところ、かなり量を飲んだにもかかわらず翌日に全く残りませんでした()

また、杉浦様から肝斑にもいいらしいと伺ったので、周波数測定をしましたところ、全くその通りでした。肝斑もきっと炎症の中の一種で、だからこそ抗炎症のフィコシアニンがいいのでしょうね。

水素とブレインオン""

WELLCクリニックで、抗酸化や血行促進を目的にブルーマジックと水素を組み合わせて処方されることもありませす。水素は体内で発生する活性酸素を体外にリリースしてくれるので、紫外線対策としておすすめです。

 日傘や日焼け止めなど、物理的なプロテクトも大事ですが、紫外線の影響を受けにくい状態、受けてもすぐに回復できる状態に、細胞レベル、素粒子レベルから活性していると、より効率的ですよね。私自身も、そんな身体づくりをE3Live製品やWELLCとともに目指していきたいと思います。