1. HOME
  2. コラムTOP

発酵美容液ブースター
インナーアクティブマイブースターができるまで

振動医学を取り入れた開発

インナーアクティブマイブースター(発酵美容液)は、WELLC代表の東谷が、振動医学バイオレゾナンス療法の第一人者である森嶌淳友医師の診断・治療に感動し、美肌への近道は振動医学の力を応用することという想いで開発した製品であり、WELLCで最初に誕生した製品です。

 

振動医学は、ドイツ発祥の治療法です。

肌の細胞よりも、もっともっと小さい物質として、「素粒子」というものが存在します。素粒子は常に振動しており、その振動(周波数)は、自身の体調や周りの影響を受けて変化し、活性化している時もあれば、乱れてしまっている時もあります。素粒子を理想的に活性化している状態に整えることにより、素粒子が集まってできている細胞、細胞が集まってできている臓器や身体全体を整えていくというのが振動医学の考え方です。

 

森嶌先生は、振動医学の考え方に基づき、バイオレゾナンス測定器という素粒子の振動状態を測る医療機器を使用し、診察やサプリメントの監修を行っています。森嶌先生開発のサプリメントに出合った東谷が、サプリメントの開発には、サプリメントの栄養バランスはもちろん、摂取した際の体内の変化(どこの部位が素粒子レベルから活性化しているか)なども確認されているのを知り、「これをスキンケア、ヘアケアに応用すれば、美肌や美髪の近道になる!」と思い、ブースター美容液の開発がスタートしました。

 

ナチュラルオーガニックな素材、そしてその先へ

東谷は、自然派スキンケア、ドクターコスメ、サロン系スキンケアの3つ化粧品ブランド勤務を経て、オーガニックメイクブランドを起業し、11年間経営していました。素材の良さを追求した化粧品には30年近く携わっております。それらの経験から、肌を美しくするには、原材料のクオリティはもちろんですが、プラスアルファの何かが必要だと感じていました。肌を変化させていると確信をもてるものを作りたいと思い、試行錯誤している時に出合ったのが、振動医学でした。身体に表れている症状や目に見えている部分だけでなく、そのおおもととなる、ミクロな部分(肌で言えば、基底膜 真皮 肌免疫 肌細胞 コラーゲンなど)にアプローチし、状態を活性化させ、整えていく振動医学を取り入れた製品開発を行えば、細胞よりもレベルから肌を整えていることを確認することができ、結果として、様々な悩みを効率的に解決していくことができるのではないかと考えました。

 

開発の鍵は、配合量ではなくてブレンド力

インナーアクティブマイブースター(発酵美容液)の開発にあたっては、その核となる原材料として3種類の発酵エキスを選びました。再生力と保湿のためのもの、肌免疫のためのもの、小じわ対策のためのもの3種類です。

 

インナーアクティブマイブースターに配合されている発酵エキスは、3種類とも肌へのパワー(各部位の素粒子活性力)の高さを確認して配合を決めました。化粧品に配合される原材料は、肌に不要な刺激を起こさないための配合上限が原料メーカーによって決められています。そこで、3種類すべてを上限まで入れてみて、振動治療測定器バイオレゾナンスで肌への影響を測定したところ、肌へのパワーが上がるのではなく、落ちるという結果になってしまいました。当初は、肌のために良かれと思って、発酵エキスを出来る限り配合することを考えていましたが、高配合だからいいというわけでははく、ブレンドの割合、つまりバランスが重要ということがわかりました。これは、スポーツチームでトッププレイヤーばかり集めたとしても、チームワークがうまくいかないとチームとして最高のパフォーマンスが出せないことと同じかもしれません。

 

3種類のエキスがそれぞれの持ち味を存分に発揮するための配合割合見つめるため、何十回もの試作を重ねて、やっとたどりついたのが、現在のブレンドです。それぞれの原材料の活性度に加えて、製品全体としても、以下の表のように、皮脂膜、基底膜、肌免疫、細胞膜、細胞修復力、肌再生ついて、素粒子を活性化させる力を10段階でみた場合に、最高レベルであることが確認できました。

 

インナーアクティブマイブースターは、肌の基礎的な力を活性させることにより、内的・外的ストレスに負けず、たとえダメージを受けたとしても、すばやく回復する肌の力を支えていきます。

 

自ら潤い成分を生み出す肌へ

年齢とともに肌から減っていく、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド。肌はもともと、これらの成分を自ら生み出す力を備えていますが、その力が衰えてくると、乾燥や弾力不足などにつながります。

 

インナーアクティブマイブースターは、肌自身の力を引き出すことで、肌自身がコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドを生み出す力を後押しすることにこだわって処方を組んでいます。

 

製品開発にて、3種類の発酵エキスのベストなバランスを見つけた後に、潤いや弾力をさらにサポートすることを目指して、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドを加えることを試してみました。しかし結果は…。それらを加えたことにより、ブースター全体の素粒子の活性力を大きく落とし、肌の基底膜や肌免疫のパワーもトーンダウンしてしまうという測定検査結果に。保湿や弾力のための成分を外側から加えるだけでは、それが肌にダイレクトに伝わるわけではないということが改めてわかり、配合を見送りました。

 

肌の潤いやハリなど、自らを元気にするための力を引き出し、肌の保湿力を高めるには、3種類の発酵エキスのブレンドが一番、というのが、WELLCが行きついた答えです。

防腐剤等は品質保持のために必要最低限の量を入れておりますが、それらが素粒子活性を妨げないことを確認しております。

 

使い続けることで、ハリ、潤いに満ちた肌へ

ブースターを使っていただいて愛用者の方々からは、ハリがでてきた、しっとりと奥から潤っている感じがする、肌荒れや吹き出物のトラブルから解放された、いつも肌の調子がいい、小じわが気にならなくなった、など多くの喜びの声をいただいています。

 

さらっとしたテクスチャーで、次につけるアイテムの邪魔をしません。洗顔後のまっさらな肌に、最初に与えることで、肌の力を引き出していきます。1週間で肌表面のしっとり感を、肌が生まれ変わる1カ月後には、自ら活性する肌全体の生き生き感を感じていただけると思います。

肌質、肌悩みを問わず、その人の肌の力自体を引き出して、ベストコンディションへと導くインナーアクティブマイブースター。ぜひお試しください。